金属アレルギーについて

指輪やピアス、ネックレスをつけると「かゆい」「赤くなる」という経験はありませんか?
それは「金属アレルギー」によるものかもしれません。

装いのポイントとして指輪やピアス、ネックレスを身に着ける方は多くいらっしゃいます。
特に軽装になる夏場は素肌にキラッとしたジュエリーを着けるとおしゃれ度も気分も上がりますね。
そんな中、私は着けられない・・・。と思ってる方が多いのも事実です。

素敵なジュエリーに出会った時、今までは諦めていたという方。
ずっと身に着ける結婚指輪も着けられないかも・・・とお悩みの方。

なぜ指輪やピアスといった金属類をつけるとかゆくなるのか?

その原因と対策を知ることで、お気に入りのジュエリーを着けて毎日を楽しく過ごせるかもしれません。

-指輪やピアスをしたらかゆくなる!もしかしたら金属アレルギー?-

アクセサリーの代表といえば指輪やピアス、ネックレスといったものです。
金属でできたこれらを身に着けるとかゆくなるというのはどうしてでしょうか?

それは、「金属アレルギー」によるものと考えられます。

金属アレルギーとは正式名称では「接触性皮膚炎」の一種で肌が金属に触れたことによって皮膚が炎症を起こすことをいいます。

指輪やピアスなどの金属を身につけてかゆくなったり赤くなったり、かぶれたりといった症状が出た場合は金属アレルギーが疑われます。

アクセサリーの代表といえば指輪やピアス、ネックレスといったものです。
金属でできたこれらを身に着けるとかゆくなるというのはどうしてでしょうか?

それは、「金属アレルギー」によるものと考えられます。

金属アレルギーとは正式名称では「接触性皮膚炎」の一種で肌が金属に触れたことによって皮膚が炎症を起こすことをいいます。

指輪やピアスなどの金属を身につけてかゆくなったり赤くなったり、かぶれたりといった症状が出た場合は金属アレルギーが疑われます。

-金属アレルギーの原因は?-

なぜ金属が皮膚に触れると炎症を起こすことがあるのか?その原因はなんでしょうか?

その原因は「汗」をかくことによって起こることが多いのです。

身に着けているアクセサリーの金属はヒトの汗によって微妙に溶け出します。
その溶け出した金属が皮膚に触れることで体内に入り込みます。

なぜ金属が皮膚に触れると炎症を起こすことがあるのか?その原因はなんでしょうか?

その原因は「汗」をかくことによって起こることが多いのです。

身に着けているアクセサリーの金属はヒトの汗によって微妙に溶け出します。
その溶け出した金属が皮膚に触れることで体内に入り込みます。

すると、体内のタンパク質とくっつき合い「アレルゲン」となります。
このアレルゲンはヒトにとっては異物ですので、体は対抗するための免疫である抗体を作ります。

この時点ではアレルギー症状は出ません。

しかし再び金属に触れアレルゲンが作られると、一度作られた抗体がアレルゲンに対し過剰に反応した結果
「かゆい」「赤くなる」「かぶれる」といった症状がでるのです。

体を異物から守る大切な免疫機能ですが、それが過剰に反応することでアレルギー症状は出るのです。

-金属アレルギーはどれくらいの期間でなるの?-

金属アレルギーになるまでの期間は人によって様々です。
身に着ける金属の種類や、時間、また体質によって変わります。

一度抗体が作られ、再び作られたアレルゲンに対し免疫が異物として捉える期間は人によって様々なのです。

アレルギー反応が初めて出るまでの期間は早い人だと一週間以内といわれています。

大抵の人は数年先、およそ5年以上の月日をかけて発症する人が多いとされています。

体質として汗をかきやすく、アクセサリーをずっと身に着ける人は発症までの期間が早まることもありえます。

-金属アレルギーは治るの?-

金属アレルギーになってしまった場合、治ることはあるのでしょうか?

実は「完全に治る」ということはないのです。

-金属アレルギーは治るの?-

金属アレルギーになってしまった場合、治ることはあるのでしょうか?

実は「完全に治る」ということはないのです。

もし金属アレルギーになった場合はアレルギー反応を起こさないように生活をすることが大切になります。

しかしファッションの一部の指輪やピアス、ネックレスを着けられない!というのは悲しいものです。

アクセサリーが好きでよく身に着けるという方はなおさらショッキングでしょう。

-金属アレルギーは遺伝するの?-

金属アレルギーは将来的に発症する可能性のある方を含めると「10人に3人」程度がいるともいわれています。

では金属アレルギーは遺伝するのでしょうか?

答えは「ノー」です。

金属アレルギーは親がそうだからといって遺伝するものではありません。

ヒトの肌に金属が触れることによって免疫が過剰に反応することが原因ですので、遺伝とは関係ないのです。

-金属アレルギーの対策は?-

金属アレルギーで一番多いのは夏場に身に着けるアクセサリーによって引き起こされます。

夏場は汗をかきやすく、アレルギーも発症しやすい季節なのです。

アクセサリーを身に着けている周辺の汗はこまめに拭き、金属が溶け出す原因を取り除くことが大切です。

そうはいっても汗をかかない様に過ごすというのは容易ではありませんし、常に汗を拭けるとは限りません。

では、ほかに有効な対策はないのでしょうか?

一番は金属に肌が直接触れないこと。これが重要になってきます。

-アクセサリーをコーティングして金属アレルギー対策!-

金属が直接肌に触れないようにコーティングする「ジュエリープロテックコート」は金属アレルギー対策としておすすめです。

コーティングの主成分はセラミックでできており、肌に触れてもアレルギーを起こさない物質です。

透明のコーティングですので、アクセサリーの色艶はそのままに身に着けることができます。

金属アレルギーが心配でジュエリーを身に着けるのを諦めている・・・というのはちょっと悲しいですよね。

将来的に金属アレルギーにならないか不安だという方も「ジュエリープロテックコート」でアレルギー対策してみてはいかがでしょうか?

透明のコーティングですので、アクセサリーの色艶はそのままに身に着けることができます。

金属アレルギーが心配でジュエリーを身に着けるのを諦めている・・・というのはちょっと悲しいですよね。

将来的に金属アレルギーにならないか不安だという方も「ジュエリープロテックコート」でアレルギー対策してみてはいかがでしょうか?